履修コース・プログラム

海外で働きたい – ワーキングホリデープログラムでアルバイト&有給インターンシップ

カナダの企業やお店で働く

ワーキングホリデーでカジュアルなアルバイト体験がしたい方から、帰国後の仕事を見据えたスキルアップ、 またカナダに住んでの就業を目指す方まで 「カナダで働きたい」という方は年々増え続けています。
まずワーキングホリデー制度を使ってアルバイトをしたいという場合ですが、ほとんどの方はワーホリ期間中になんらかのお仕事を見つけて働いておられます。 ただ、その仕事は語学力が低くても可能なサービス業がほとんどです。 たとえば、レストランやカフェ等飲食店のキッチン・ホールスタッフ、売店、ホテルのベッドメイキング等が中心です。 語学学校にある程度通って日常会話を使いこなせるレベルになれば、これらの仕事は比較的見つけやすいともいえるでしょう。
仕事探しや接客英語に不安がある方は、学校終了後の仕事探しサポートが付属したコースや、 カフェトレーニングなどの接客英語&スキル習得ができるコースを履修しておくのがおすすめです。
対応に日常会話以上の英語力が必要になってくる一般企業の事務や専門職、ホテルの接客スタッフ等は、経験があることに加え、高い英語力も必須になってきますので 自分の語学力がどのレベルの仕事に適しているのかを知り、やりたい仕事がある場合にはそれに相応した英語力をつけておくことも必要になります。

また、将来的に日本の外資系企業や海外の企業で働くことを目指している方は、 職場体験をすることのできる Co-op(有給インターン)プログラム・無給インターンシッププログラム等がある専門学校やカレッジをおすすめします。 一定期間学校で勉強した後、通学期間と同等の企業研修を、現地カナダ企業にて受けることができます。日本での就業経験や資格がある方ほど有意義な職場体験が可能になります。 受講には中級上程度の英語力が必要になります。

運が良ければ、ワーホリのアルバイト後やCo-opの後にそのまま職場からワークビザの申請をしてもらえることもあるようですが ほとんどの場合は期間満了後の継続は厳しいことも理解しておいてください。 以前は語学学校でも開講していたインターンシッププログラムですが、その後カナダのビザ要綱に変更があり、2017年9月現在では一部を除き、ほとんどの語学学校では開講しておりません。専門学校、カレッジでは今もCo-opプログラムが開講されています。
とはいえ、状況は日々変動していますので、最新情報はカウンセリングの際にお尋ねください。

URL
TBURL
Return Top