ビクトリアの語学学校

University of Victoria(UVIC)

ビクトリア大学付属語学センター(UVIC ELC)

  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image

44年以上の実績を持つ、カナダ有数の大学付属ESLを併設しているUVIC。 毎年、30ヶ国の2,500人以上の学生が個々の目標や進学を目指して、このESLで勉強しています。
コースは国籍別の人数制限もあります。日本人には特に人気の学校で、 集中コースは2セッション前(少なくとも半年以上前)には申し込みをしないと入れないことが多いのでご注意ください。
広々としたキャンパスは勿論のこと、大学の図書館やジムなどの施設にアクセスできるのも嬉しい特典。
集中コースは3ヶ月ごとに開かれるので、途中入学の生徒がおらずクラスメートとも仲良くなりやすく勉強にも集中できる環境です。 授業の内容は基礎作成をしっかりするために読み・書きに重点を置き、ディスカッションやプレゼンテーションも多用されるなど 私立の語学学校に比べるとアカデミックな内容で、宿題や課外活動も多めになっています。 秋から春にかけては本科の学生と関わる機会も多く、充実したキャンパスライフをすごせることでしょう。

さらに詳しい学校情報やコース・料金についての詳細はメールにてお知らせします!
学校の良い点だけでなく、デメリットもあわせて検討できる、納得情報が満載です。ぜひお問合せください。
  • コース詳細
  • 料金詳細
  • 基本情報
  • 体験談
ELPI:3ヶ月集中コース(12-Week Intensive English Program)
3ヶ月単位で開講されるESLコース。一般英語とアカデミックに分類される。
基礎的な文法・リスニング/スピーキングの他、 中級以上のクラスになると、時事問題、環境問題、政治経済や貧困問題、戦争についてなどアカデミックな話題について テキストを読み、サマリー(要約)をまとめたり自分の意見を発表する、プレゼンテーションするといった内容になる。
授業時間は午前もしくは午後のみと短いが、宿題やグループワーク等授業時間外の学習が必要になるため 総合的にはかなりの勉強量になる。初級レベルは日本の大学から集団で生徒がきていることが多いため、 中級以上のレベルからスタートできるようにするか、またはアカデミッククラスを受講するのがおすすめ。
*選択クラス(週4時間)
スピーキング、リスニング、発音、イディオム、ビジネス英語、TOEFL、IELTSなどから2科目まで選択可能
*スタディーセンター(最大で週8時間まで)
ビクトリア大学の生徒または地元ボランティアの方と会話練習。(要申込)
Monthly English
9月から5月の間は、毎月開講の1ヵ月単位のプログラムに参加することも可能。
こちらは、月曜日から木曜日の週20時間の英語クラスで、3つのクラスレベルにわけられる。授業はELPIを凝縮した内容で、よりスピーキング/リスニングに集中している。また無料またはオプショナル(有料)のアクティビティーも豊富。
Summer English & Culture
7~8月の間は短期留学の学生を対象にマンスリープログラムが開講。
こちらは、月曜日から金曜日(午前)、週に20時間の英語クラスで3レベル。通常のマンスリーと同じくスピーキング/リスニングに集中しており、夏の様々なイベント/アクティビティが盛り込まれている。またキャンパス学生寮(7月&8月)の利用も可能。夜間のアクティビティに参加したい方は学生寮への滞在がおすすめ。
CBA (Certificate in Business Administration) – Fast Track

北米スタイルビジネスの基本を勉強する12週間のフルタイムプログラム。すでに社会人経験のある方、 日本でも英語を使った仕事をしている方や、大学卒業後に外資系企業へ就職したい方にオススメの内容。
1年間に3回開講されており、入学の時期によってカナダ人生徒や留学生の割合が異なるが、 留学生でも基本的にはかなりの英語レベルを持って入学している生徒ばかりなので、 内容もかなりハイレベルで、大学のレギュラープログラムと殆ど同様の勉強への取り組みが必須。 グループワークやディスカッションなども多く、授業のスピードも速いので、予習や復習もかなり大変。
また、この後にDiplomaコースを追加して受講することが可能。 Diplomaコースやインターンなどをプラスすると、プログラムの総期間が8ヶ月を超え、Post Graduateワークパーミットの申請が可能になる。
ここをタップして表示Close
項目 詳細 料金
3ヶ月集中コース(ELPI) 12週間 $3,950
マンスリープログラム 3-6週間 $1,400~2,400(開講月により異なる)
夏季アカデミックコース(ELAI) 9週間 $3,550
入学金 初回のみ $150
備考:教材は担当教師より別途購入指示あり。
掲載コース以外の授業料・必要経費等は別途お問合せください。

基本情報

エリア ビクトリア郊外
他キャンパス なし
住所 PO Box 3030 STN CSC Victoria BC V8W 3N6 Canada
電話番号 250-721-8469
URL http://www.uvcs.uvic.ca/elc
受講可能コース 3ヶ月集中コース:12-Week Intensive English (ELPI)
大学進学準備:University Admission Preparation (UAP)
アドバンスレベル一般英語:General Advanced Level (GAP)
夏季アカデミック9週:Summer Academic Intensive (ELAI)
夏季マンスリー:Monthly Language and Culture (June – August)
マンスリープログラム:Monthly English (September – May)
大学進学コース:University Pathway Programs
TOEIC/IELTS対策(パートタイムのみ)
その他、上級レベルの方向けに大学本科の一部の講義(ビジネスコースなど)の受講も可能。詳細はお問い合わせください。
加盟団体

詳細情報

創設年 1970年
日本人スタッフ いない
2017年入校日 ELPI(12 wks): 2017年1月9日、4月10日、9月11日、2018年1月8日
ELAI(9 wks): 2017年7月4日
※マンスリーコースは別途お問い合わせください。規定入校日以外でのスタートはできません。
学校の規模 大規模(冬季:約1000人・夏季:約2500人)
学校設備 コンピュータルーム、学生ラウンジ、図書室、ドリンクコーナー、LL教室、レクリエーション、フィットネスセンター、スイミングプール、スポーツスタジウム、映画観、アートギャラリー、ドラッグストアー、ヘアーサロン、メディカルクリニック、 旅行代理店、カフェ、レストラン、パブ
アクティビティ例 【冬】アイススケート、カーリング、カジノナイト、会話クラブ、地元の公園、美術館など
【夏】スポーツ、ホエールウォッチング、西海岸クラフトワークショップ、ダンス、
BBQ、カヤック、バンクーバー旅行、美術館、公園ハイキング
レベル数 ELPI:5レベル
200(Elementary),330(pre-Intermediate),410(Intermediate),490(Upper-Intermediate),570(Advance)
マンスリー:3レベル
1クラスの人数 平均:15人/最大:18人
授業時間 ☆ELPI(3ヶ月集中プログラム)、午前の場合(午後になった場合は別の時間帯で同じ内容)
コアクラス    8:30-13:00 火-金曜日
選択クラス    8:30-12:30 月曜日
スタディーセンター  13:15-15:15 火-金曜日
国籍割合 日本人30~40%、韓国人30~40%、その他アジア系・南米10~20%程度(レベルや選択により、クラス内の国籍比率がかなり異なります)
Yukiさんの体験談(2017)
宿題は多かったのですが、英語を勉強している感じがしてよかったです。私は特にオプションで勉強できる発音クリニックがすごくためになったと感じていて、発音を直す必要を感じていたものの、どう直していけばいいかわからなかったところを具体的に教えて貰えて、そこが特にためになったと感じています。宿題で本を読むのが出て、英語の本を読むことに抵抗があったのですが、グループで要約やディスカッションをするので、絶対に読む必要があり、読んでいたら抵抗もなくなり、今は英語の本を少しずつ読むことに挑戦できるようになりました。授業では2週間に1度くらいプレゼンテーションの宿題が出され、発表の練習をボランティアカンバセーションの人に見てもらってアドバイスを貰って直していくという課題があったので、カナダ人の自然な言い回しも教えて貰うことができて、よかったです。
Makotoさんの体験談(2016)
大学の中にある学校なので雰囲気もかなり良く、ダウンタウンより人がいた気がします(笑)。外国を体験するなら絶対UVICがいいと思います。自分はUVICの3ヶ月のコースがクラスも固定だし良いなって思ってUVICにしました。一般の490のクラスになり内容も濃かったです。その分一人20分間のプレゼンや、課題が結構キツかった覚えがあります。
UVICはアクティビティはGVほどはないですが、その分無料で発音矯正や、授業の終わりに一対一でシニアの人と会話できる時間を作ってくれたり、ランゲージパートナーを探してくれたりと、さすが大学だなと思うこともたくさんありました。
Yukariさんの体験談(2016)
授業は二コマあって、先生次第なんですけど(当たりはずれがあるって話をしてました)、PCでリスニングラボで聞く練習もできたし、ライティングもちゃんと先生のチェックが入って書き直して提出とか、もう少し頑張ってやらせてくれる感じでした。先生の経験値は高いって感じでした。先生のチェックも時たまランダムに、1人の先生がチェックしたものをその他の先生が、ちゃんと点数つけが妥当かどうかチェックするなどがありました。
アカデミックだったので、ライティングがアサイメントとして多かったです。プレゼンも3回位はありましたけど、プレゼンはもしかしたらジェネラルの方が多いのかなって思いました。
国籍は中国、サウジ、日本、ベトナム、メキシコで、15~6人で3人日本人でした。ジェネラルはそれなりに楽しそうでしたけど、半分以上日本人のクラスとかざらにあったようでした。大学のグル―プみたいでしたね。
URL
TBURL
Return Top