留学準備

渡航・滞在の準備

学校への入学申請・ビザの申請・滞在先の決定以外にも、渡航やカナダ滞在に必要な準備はたくさんあります。 直前になってあわてないために事前に期限を確認し、計画をたてて準備していきましょう。

パスポートを取る

留学することを決意したら、まず自分のパスポートの期限を確認してみましょう。 長期留学がしたくても、途中でパスポート期限がきれてしまっては意味がありません。
また、初めてパスポートを取得する方・期限切れ再発行の方は手続きに1ヶ月程度時間がかかります。 学校への入学手続きやビザの申請・航空券の取得にもパスポートは必要です。 取得・更新が必要な方はまず最寄りのパスポートセンターで申請をしておきましょう。

■ パスポートは発行までに2週間から4週間ほどかかります。
■ 有効期限が5年のものと10年のものがあり、料金が異なります。
■ 戸籍謄本他、各種書類の提出が必要です。

くわしくは外務省のホームページをご確認下さい。

航空券の予約をする

旅行などのツアーの違って、留学の場合は基本的に航空券の手配を自分で行わなければなりません。
航空券手配サービスを提供しているエージェントもありますが、一般に他の旅行代理店と同等かそれ以上の手数料が必要になります。
インターネットが普及した今日、自分で安くチケットを手に入れられる手段はたくさんあります。
特にシーズン中は早期に満席になってしまう可能性が高いので、留学時期が定まったら同時に情報収集をし、 出発希望日近辺のチケットを押さえておきましょう。

座席に余裕がある場合は先に学校や入校日を決めてからチケットを手配しても間に合う場合がありますが、ツアー客の多い時期(夏休みや連休・紅葉・スキーシーズン)は、先にチケットをおさえてから入校日を決めるという手順になります。 特に語学学校に通うことを第一目的としている場合は、到着後1週間以内に学校に通えるように調整することが必要です。

海外医療保険の手続き

海外留学やワーキングホリデーでは規定の保険に入ることが義務付けられています。
海外の医療費は非常に高額で、風邪でクリニックにかかるだけでも1万円以上になったりしますので、万が一の場合にやはり安心です。
ライトハウス留学センターでは、日本の医療保険に比べて割安な現地保険への加入をご案内しております。

現地医療保険のご案内

歯の治療をする・健康診断をうける

歯の治療は通常海外医療保険ではカバーされません。カナダの歯科治療代は非常に高額ですので、万一なにかあった場合、資金の調達に困ることも考えられます。 虫歯や歯周病はもちろん、親知らずのチェックも忘れずにしておきましょう。
健康診断や内科のチェックもうけておくとより一層安心です。すでに通院していたり、不調があったりして 常備薬が必要な人は、できるだけ持参できるように処方してもらいましょう。
なにか問題があって出発までに治療が終わらないといけませんから、留学を決めたら早めに受診しておくことが大切です。

クレジットカードの取得

カナダは日本以上のカード社会で、カードで買い物をすることが一般的です。多額の外貨を準備しなくても対応できるほか、身分証明にもなります。出来ればVISAとMASTERCARDの2枚は持っておくと便利で安心ですが使い方には十分注意し、盗難にも気をつけておくことが必要です。

クレジットカードで節約!

国際学生証の取得

学生の方は国際学生証を取得しておきましょう。パスポートを提示しなくても身分証明として使える場合があるほか、 美術館や観光施設の入場料などが割引になったり、学生割引を適用してもらえることも多くあります。

国際免許証の取得

カナダで車を運転する可能性のある方は、国際免許証の準備も忘れずに。レンタカーを借りて友人と旅行などの企画もできます。 ただし、カナダの交通ルールは日本と大きく違っています。カナダの生活を体感して慣れた上で、交通ルールを再確認して乗るようにしましょう。

空港までのルートを確保する

うっかり忘れがちなのが、出発日に空港までいく手段を確保することです。ラッシュにまきこまれたり希望の便に席がないということがないように、 空港バスや新幹線など、席がとれるものはあらかじめ予約しておきましょう。

銀行での両替・送金準備

さしあたって必要になる現金を事前に用意しておきましょう。
カナダの銀行や両替商でも換金できますので日本円をお持ち頂いてもかまいませんが、到着直後はバタバタするので少額でも日本から外貨を持ってきておくと安心かと思います。
家族に送金をお願いする場合は送金方法や必要な書類・情報なども集めておきましょう。送金先の口座はカナダに到着後、開設することになります。
資金準備や送金に関してのアドバイスは、カウンセリングでお伝えいたします。

各種保険・契約の停止・解除

留学期間によっては、国民年金や健康保険などの支払いの停止(休止)または前納が必要な場合があります。 会社を退職して留学する場合は、厚生年金・社会保険の切り替え手続きを忘れないようにしましょう。
長期滞在の方は、住民票の移動についても確認しておく必要があります。 また、携帯電話等の契約(海外で使用するように切り替えるか、解約するか停止するか)についても確認をし、決めておきましょう。
一人暮らしの方は、留守の間のアパート契約をどうするか(引きはらうかどうか)、電気・ガス・水道・新聞・郵便物等の停止連絡も必要です。 事前に関係省庁・会社等に出発日を伝え、直前にあわてないようにすることが大切です。

持ち物の準備

スーツケースや身の回りのものは早めにリストアップしておきます。カナダでも日本と同じようなものは売っていますが、品質や価格のことを考えると、あらかじめ必要とわかっているものは、できるだけ日本から持参しましょう。お化粧品など肌にあうあわないもあります。
パソコンや電子機器は、最近はほとんどのものが海外使用でも問題ないようですが、念のためカナダでの使用に適しているかどうかを購入店で確認してください。余裕があれば保証書やリカバリディスクも持参するようにしましょう。
スーツケースが早めに準備できたら、空港へ先に荷物を送っておくのも賢い方法です。さまざまな宅配業者が「空港お届けサービス」を提供していますので、期限等を確認しておきましょう。
スーツケースにおさまりきらないくらいに多いようであれば、カナダ宛に先に船便で郵送していただいても構いません。

準備するものについてもカウンセリングの中でアドバイスいたします。

URL
TBURL
Return Top