カナダ滞在

ホームステイ基礎知識

初めての海外生活という方やカナダ人の生活の様子を知りたい!という方にはホームステイをお勧めします。 ホームステイとはカナダ人の家庭でベット・机・クローゼットが備えられた個室を与えられ、家族の一員として受け入れてもらう最も一般的な滞在方法です。 一般家庭の中でカナダの生活スタイルや暮らし方、活きた日常英語を学ぶことができます。生活文化に触れることは、語学の上達とも直結しています。 語学上達のためにはやはりポイントの高い滞在方法といえるでしょう。
ホームステイでどのような生活をするのか、気になる方は下記の項目をチェック。

家族について

カナダはモザイク国家と呼ばれるように多民族国家で異なるバックグラウンドを持った人達の集合体です。 白人でもポーランドやウクライナ、ロシア、ヨーロッパからの移民も多いですし、アフリカやインド、中国、ベトナム、フィリピン、韓国、日本の移民など本当に様々な民族がいます。 また、多国籍が許されているためひとりで3国籍を所持しているという人もいます。英語の勉強にきているわけなので、 あまりにも癖のある英語を話すとか英語以外の言語を使っているということであれば問題ですが、 食事や習慣は各家庭によって大きく異なるということを頭にいれておきましょう。

食事について

食事は3食付ですが、朝・昼は自分で準備してくださいという家庭が多いです。 朝はトーストやベーグル・シリアルなど、昼食はサンドウィッチを自分で作る、夜は必ず家族で食事をするというスタイルが一般的です。 家族によって食べるものもかなり異なります。一般的カナディアンの家庭料理といえばシーザーサラダやBBQチキン、ビーフ。 魚はそれほど食べない家庭が多く、食べてもサーモンくらいという家が多いようです。ピザやハンバーガー・ホットドックもよく登場するメニューです。 野菜が足りない!と思った場合は思い切って家族に相談してみましょう。

帰宅時間と食事の時間

多くのカナダ人家庭の夕食時間は日本に比べてとても早い場合が多く、5時半から7時くらいに済ませてしまう場合がほとんどです。 家族全員で食事を取ることをとても大事にしているカナダ人ですから、できれば間に合うように帰宅したいものです。 そうはいっても学校の友達と出かけたり、学校のアクティビティーに参加したりすることも多いと思うのであらかじめわかっている場合は早めに連絡し、 当日間に合わなくなってしまった場合は早めに電話して自分の夕食を取っておいてもらうかどうか連絡しましょう。

お手伝いについて

お手伝いを通して家族と仲良くなれることは間違いありません。 また一般常識としてもお世話になっている家庭でのできる範囲でのお手伝いはするべきでしょう。 食後のお皿を運ぶ、自室の掃除をする、犬の散歩をするなどできる範囲でよいのでどんどん声をかけてお手伝いをしましょう。

バスルームの使用について

カナダの大抵の家庭ではお湯を一旦タンクに貯めてから使用するため、1人がお湯を使いきってしまうと次の人のお湯が無い、ということになりかねません。 トイレと一緒になっている場合が多いので、シャワーは10-15分を目安にして髪は自室で乾かすなどなるべく早めにバスルームから出るように心がけましょう。 水もなるべく出しっぱなしにしないように注意!

電話の使用について

家庭用電話の市内通話は無料です。とはいえ、何時間も友達と長電話をしたりということが無いようにしましょう。 日本の家族にかけるときにはコーリングカードを使用し、日中は電話が長くなるかもしれないことを家族に伝えてから電話するとよいでしょう。 早朝や深夜は起こしてまで伝える必要はありません。

電気の使用について

カナダの電気代は高いので、こまめに消すようにしましょう。部屋に暖房がついている場合も必要ないときは切る習慣をつけましょう。

子供のいる家庭

子供がいるとにぎやかで英語を教えてもらったり、一緒に遊んだりと利点も多い反面、部屋に勝手に入ってくる、面倒を見るのを期待されている、うるさいなど悪い点もあります。 ホームステイが家族の一員ということを考えると、たまに子供と遊ぶのは範囲内だと思いますが、ベビーシッターではないので常に面倒を見る必要はありません。 勉強があるときや1人になりたいときはきっぱりと「NO」と伝えましょう。ホストマザー・ファザーにもはっきりと伝える姿勢が大切です。

アクティビティーについて

カナダの家庭では「金曜の夜は皆で映画を見る日」「土曜の朝は皆で散歩をする日」などアクティビティーが盛んです。 親戚や友達が家に来ることも多いので、英語を学ぶよい場になるでしょう。 このような場では臆せず英語を間違っていてもどんどん話しかけて輪の中に入っていくのが楽しむポイントです。 どうしても参加しなくてはならないということは無いので、疲れているときや宿題があるときなどは断ってもよいでしょう。

Return Top