ビクトリアの語学学校

Real English Victoria (REV)

リアル イングリッシュ ビクトリア

  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image

2016年に開講したばかりの学校ですが、長年英語を教えているベテラン英語講師達が運営を行っている英語学校です。少数精鋭の講師陣が、生徒さんのウィークポイントやストロングポイントを個別にチェックしつつ、それぞれにあった英語力アップのプランやポートフォリオ作りをしてくれる少人数制ならではのメリットがある学校です。
ビクトリアダウンタウンに校舎があり、周囲にはスタバやカフェ、レストランなど、また徒歩数分のところに市立図書館もある交通の便がとても良い場所です。

授業時間はプログラムによって時間帯が異なりますので、フレキシブルに通学することができるのでワーキングホリデーでお仕事をされている方など忙しい方でも通学可能です。
また、レベル分けの設定がないので、ほとんどのクラスは初級~上級レベルミックスで授業が行われます。1クラス最大9人で、平均は3~5人の少人数制クラスで、講師との距離も近く何でも相談しやすい学校です。

さらに詳しい学校情報やコース・料金についての詳細はメールにてお知らせします!
学校の良い点だけでなく、デメリットもあわせて検討できる、納得情報が満載です。ぜひお問合せください。
  • コース詳細
  • 料金詳細
  • 基本情報
  • 体験談
Real Life English
CELPIPという英語力判定テストの対策コースで、英語圏での日々の生活で使われる英語にフォーカスをあてたクラスです。よくあるシチュエーションのロールプレイや、販売員とカスタマーのやり取りなど、活きた英語を学ぶことが可能です。
授業時間は月~金の10時10分~12時20分で、受講期間は最短4週間からです。

Power Speaking
コミュニケーション能力を出来るだけ早く上げることを目的としたスピーキングクラスです。REVだけのウェブサイトを使って、発音矯正、ミニプレゼンテーション、より複雑な英語での説明などを練習します。
授業時間は月~金の10時10分~12時20分もしくは13時~15時10分で、受講期間は最短3週間からです。

Project Class
REVだけで行われているクラスで、様々なトピックから個人またはグループでウェブサイトを作成、旅行のツアーやバスツアーなどを、学校のスタッフや各ビジネス・ローカルコミュニティの実際のスタッフに接触しながら立案・実行するクラスです。実践で英語練習したい方にお勧めです。
授業時間は月~金の14時10分~16時20分で、受講期間は最短3週間からです。

Skill Building
午後の選択授業で、会話・読む/書く・ボキャブラリー・発音・ビジネス英語・アカデミック英語など日々の生活に役立つそれぞれのスキルをアップするクラスです。
月~金の13時~17時半の間に4コマ授業があり、毎日異なるプログラムが行われています。こちらはチケット制になり、好きな授業を好きな時に予約なしで受講できるのがメリットです。

ここをタップして表示Close
項目 詳細 料金
Real Life English(パートタイム) 4週間 $680
入学金 初回のみ $100
教材費 なし 授業料に含む
ここをタップして表示Close
項目 詳細 料金
Power Speaking(パートタイム) 4週間 $680
入学金 初回のみ $100
教材費 Power Speakingライセンスフィー $110
ここをタップして表示Close
項目 詳細 料金
Skill-Building(午後チケット制) 30時間の場合は12週間有効 $400(30時間)
入学金 初回のみ $100
備考:その他コースまた掲載期間以外の授業料・必要経費等は別途お問合せください。
※時期によっては授業料の割引キャンペーンが適用される場合もあります。
※授業料は毎年改定されます。

基本情報

エリア ビクトリアダウンタウン
他キャンパス なし
住所 #301-1111 Blanshard St. Victoria V8W 2H7
電話番号 778-265-9825
URL
受講可能コース Real Life English, Real Business English, Power Speaking, Project!, IELTS, Skill Building
加盟団体 Greater Victoria Chambers of Commerce

詳細情報

創設年 2016年
日本人スタッフ いない
2018年入校日 毎週月曜からスタート可能です。但しパワースピーキングとインテンシブ・セルピップコースは開始日が決まっていますので事前にご相談下さい。
学校の規模 小規模(平均30人)
学校設備 タブレット、オーブン、冷蔵庫、ウオータークーラー、Wifi
レベル数 レベル分けなし
1クラスの人数 平均:4人/最大:9人
授業時間 プログラムにより異なる
国籍割合 日本30%、韓国20%、アジア諸国10%、アラブ15%、中南米15%、ヨーロッパ2%、その他8%
Yuri Tさんの体験談(2018)
REVではリアルライフイングリッシュとパワースピーキングを受けていたんですが、リアルライフの方はクラスメートの半分位が日本人で、でも日本語を使うことはなく皆英語で頑張ってました。先生もすごく良かったです。毎週クラスのテーマが変わるので授業にも飽きなかったですね。銀行についての事とか、ビクトリアでどうやって家を借りるか、レジャーアクティビティについてなど、日常生活に関連する事柄とかをテーマに、生徒さん同士で質問しあったりしました。英語を話せないけど話したいって人とか、ある程度話せる人には向いてる学校だと思います。私は楽しくて好きですが、座学が好きな人とか話す事に委縮してしまう人には向かないかもしれません。
Yuri Nさんの体験談(2018)
先生がすごく親切で、先生全員が全ての生徒をきちんと把握しているのがすごく魅力的な学校です。受付も先生がされているので、いつ学校に行っても先生とコミュニケーションがとれるし質問もできる点も他の学校と違ってとても良いと思います。
午後のスキルビルディングクラスは主に3人の先生で回していて、1クラス2~8人の小さいクラスです。国籍は今8割位日本人ですが皆英語オンリーポリシーを守っているので、まず学校内で英語以外を話すことはないです。
Hidekaさんの体験談(2018)
REVは少人数なので、教室にいるとしゃべらざるをえない感じです(笑)。先生のメリッサはよく「あなたはどう思う?」という感じで授業を進めてくれるし、グレッグという先生もよく話しかけてくるし、冗談でからかってきたりします(笑)。生徒の顔をすぐ覚えてくれて、学校内ではどこにいてもばんばん話しかけられます。
学校にいると静かにしているようなシチュエーションでも(例えば一人でランチ中とか)、「何やってるの~?」という感じで先生みんなが話しかけられてきます。
パワースピーキングクラスはは主にタブレットを使って授業を進めます。一ヶ月に1トピックあって、そのトピックについてプレゼンをしたりします。単語とかは覚えづらいですけど、先生がピックした単語を全部使って勝手にCrazy Storyという話を作成したりを毎週します。難しい初めて聞いた単語でも、こういった流れで何度も使ったりするので、必然的に最後は覚えちゃいます!自由な学校ですけど、皆ほんとに英語しか話しませんね。トイレもランチ中も全部英語です。日本語を話したからって怒られるわけではないのですが・・・皆英語オンリーの意識が高いのだと思います。
Mieiさんの体験談(2017)
ごく少人数のクラスなので、発言がしやすく、先生が一人一人の表情を見て、理解できているのかどうか確認してくれます。グループで会話しているときは、先生がきちんと耳を傾けていて、文法や発音の間違いを細かく直したり、違う言い方を教えてくれます。先生による生徒へのケアは、大きい学校では出来ないような細やかなものだと思います。パワースピーキングのクラスでは、アートなどのトピックに沿って新しい単語を習ったり、そのトピックについてディスカッションしたりと、少し普段の生活とは違った方面から英語を学べます。さらに、特別なウェブサイトを使って、より複雑な英語での説明の練習、スピーキングでの新しい文法の活用、実践的な会話練習などをしっかりと学ぶことができます。ただし、レベル分けがないので、パートナーと組んでディスカッションをする時は、やりづらさを感じることもあると思います。先生方は、生徒一人一人の名前や出身地、趣味などをしっかり覚えてくれていて、フレンドリーな雰囲気です。
Yukaさんの体験談(2016)
REVに決めた理由は、学校自体がまだ始まったばかりで少人数ということと、自分の好きな時にクラスを受講できるという点でした。色々な科目ごとにクラスが分かれていて良いと思いました。朝一で行くとほとんど(7割くらい)先生とマンツーマンなので、とても良かったです。ただ、人数が多いときはクラス毎にレベル分けがないのでちょっとどうだろう?という感じですが・・・。始めはアカデミック・リーディング&ライティングを受けていたのですが、先生が特に良かったです。話す時に文法がおかしいとその場で直してくれたり、細かいところも(think, consider, supposeなどの違いなど)よく教えてくれました。マンツーマンなので、Can beとCould beの違いなど、細かくて自分で気になる点などよく聞いてました。

URL
TBURL
Return Top