留学準備

入国審査・乗り継ぎ

入国審査の流れについて

バンクーバー、またはカナダに入国した空港または出入国場所で入国審査が必要となります。 ここではバンクーバー空港に到着したときの入国審査についてご説明いたします。
飛行機から降りたら、人の流れに沿ってIMMIGRATIONと書かれた表示に沿って進みましょう。階段・エレベーターを降りると目の前が入国審査になります。

バンクーバー空港では入国事前審査にBorderXpressというタッチパネル式の入国審査端末・キオスクを導入しています。まずはこちらでパスポートの読み取りや申告をしましょう(日本語に変換が可能です)。
レシートが出たら更に入国管理官の待つ列へ並び、パスポート、ビザ許可書、キオスクのレシートなどを提示し、質問等に答えた後、その先にあるベルトコンベアで預け入れたスーツケースやお荷物を受取しましょう。

飛行機の乗継の時間まで余裕がなく、どうしても間にあいそうにない場合は空港係員に乗り継ぎのチケットを見せ、急いでいると申し出てください。 列の前の方に入れてもらえる場合があります。

入国審査で用意するもの

キオスクの列に並んでいる間に必要書類は用意しておきます。

1)パスポート…カバーははずしておきましょう。
2)就学許可証もしくはワーキングホリデービザ発給の通知書(観光目的で入国の方は必要ありません)
3)入学許可証…学校から発行されたもの、コピーでも構いません。(学校未決定の方は必要ありません。質問されたらホームステイと観光と伝える)
4)資金証明・残高証明…十分な資金の証明ができるよう、日本の銀行で英文・カナダドル建てで発行してもらいます。
5)滞在先(ホームステイ)の住所…友人や恋人のところ・カナダの知りあいなどとは言わない。移民を疑われ問い詰められる可能性があります。
6)帰りの航空券
7)海外保険の控え・カードなど
※キオスク上で入力するので、以前のように税関申告書は必要ありません。

入国審査で聞かれること

入国審査では以下のような質問をされます。しかし、同じ内容を聞くのにもなん通りもの言い回しがありますので、質問と回答を丸暗記すると 違った聞かれ方をしたときに途端に困ったりもしますので、どんなふうに聞かれても英語で回答できるよう、準備しておきましょう。
正しい答えというのはありませんが、滞在先や友人の有無を聞かれて「カナダに友達がいる、友達の家にステイする」などと答えると別室行きになることがあるようです。 また、ワーキングホリデーでのフルタイムで勉強期間は6ヶ月までですので、学校期間は6ヶ月以上と答えないようにしてください。
審査官も人間ですので、いい人もいればあまり親切ではない場合もあります。わからない場合は適当に返事をせずに「Pardon me?」と聞き返し、きちんと理解できるまで説明してもらいましょう。あまりにもここでの英語が理解できないと別室送りになることもありますので、なんとかやりとりできるくらいの英語力だけはつけてからカナダに入国したいものです。

観光ビザの方
◆ What is the purpose? (旅の目的は)
◆ How long will you stay in Canada?(どのくらいの期間カナダにいますか?)
◆ Where are you going to stay in Canada?(カナダではどこに滞在しますか?)
◆ Do you have a return ticket?(帰りのチケットを持っていますか?)
◆ Do you have friends in Canada?(カナダに友達はいますか?)
学生ビザの方
◆ How long will you stay in Canada? (どのくらいの期間カナダにいますか?)
◆ Do you have a Letter of Acceptance?(入学許可証を持っていますか?)
◆ Where will you stay in Canada? (カナダではどこに滞在しますか?)
◆ Will you work in Canada?(カナダでは仕事をしますか?)
◆ Do you have friends in Canada?(カナダに友達はいますか?)
ワーキングホリデービザ
◆ How long will you stay in Canada? (どのくらいの期間カナダにいますか?)
◆ Do you have a return ticket or financial proof?(帰りのチケット又は資金を証明できるものを持っていますか?)
◆ Where will you stay in Canada? (カナダではどこに滞在しますか?)
◆ What are you going to do in Canada?(カナダでは何をしますか?)
◆ Do you have friends in Canada?(カナダに友達はいますか?)

手荷物受け取り・関税申告について

チェックインした荷物は入国審査後にBaggage Claim(荷物受取所)で受け取ります。
搭乗機の便名が表示してあるターンテーブルを探し、預け入れ手荷物を受け取ってください。
荷物が紛失・破損していた場合は、税関を通る前に荷物引換証(Claim Tag)をもって、すぐその場で空港職員に申し出ます。 乗り継ぎまで時間がない場合も、必ずその場で手続きを行ってください。事後の申請は受け付けてもらえません。

ワーキングホリデーまたは学生ビザの必要な方は、荷物を全部受け取りされたら、次は正式なビザを発行してもらうため「ビザ発行窓口」に向かいます。
※ビザ発行窓口は入国審査の右手奥の仕切られた場所にあります。
わからない場合は係員に聞いてください。

このビザ発行窓口で、正式なビザの発給が行われます。
パスポートと帰りの航空券(あれば)、ビザ許可証、滞在先(ホームステイ)の住所など貴重品を用意してください。
ここでも入国の目的や滞在先などについていくつか質問されますので、事前に心構えをしておいてください。

国内線乗り継ぎの場合は、左側の出口(空港ロビーへ向う出口)でなく、
荷物コンベアーの右奥にある出口へ向い、ここでキオスク発行のレシートを渡すようになります。
カウンターで再度預ける荷物のチェックインをすませます。
そこで乗り継ぎのゲート番号を指示され、そのままエレベーターで上の階(出国ゲート)に向かいます。
この途中に手荷物検査等もあります。

注)成田空港内の免税店でお酒や化粧水など液・ジェル状の物(100ml/100g以上)を購入されて、バンクーバーまで手荷物としてもってこられた方は、国内線に乗継する際、忘れずに預ける荷物の方に入れ直すようにしてください。入れなおさずそのまま手荷物で国内線に向った場合、途中の手荷物検査所で没収されます。

※スーツケースをここで預けずに、上の階に上がったあと預ける場合もあります。

乗り継ぎがない方はこのまま「ARRIVAL」へ進み、到着ロビーへと出ます。

バンクーバーで乗り継ぎがある方について

ビクトリアへの乗り継ぎがある方は、短くても日本からの便の到着からビクトリア行きの便の出発まで150分はみておいてください。
同時に到着した国際便がある場合思った以上に時間がかかってしまうこともあります。弊社では3時間の乗り継ぎをおすすめしています。
遅れた場合は、次に国内線の空席がある便に席が取れるまで待たなければなりません(席の変更は無料です)。

ビクトリア行きの国内線は、フロアの一番奥まったとことからの出発がほとんどで
ここにたどり着くまでに不安になるくらいの時間がかかります。
途中にお店や売店がありますが、どんどんどんどん奥に向かって歩いていってください。

一番突き当たりにカウンターがありますので、そこの係員にチケットを提示し
時間になったら案内に従って機内へと入ります。

ここまでの道順や場所がわからなければ、係員にチケットを見せて場所を確認してください。

さらに詳しい乗り継ぎの手順は、ご出発前のメールでもご案内いたします。
URL
TBURL
Return Top