メンバー用出発準備サロン

持ち物の準備

いよいよ最後はカナダに持っていくものを準備します。
スーツケースや身の回りで必要になるものは早めにリストアップしておきましょう。カナダでも日本と同じようなものは売っていますが、品質や価格のことを考えると、あらかじめ必要とわかっているものはできるだけ日本から持参するとよいです。お化粧品など肌にあうあわないもありますので注意して下さい。

手荷物として必ず準備するもの

  • パスポート
  • 復路航空券(eチケットの場合はプリントアウトした書類)
  • 銀行の残高証明または通帳のコピー(英文カナダドル建て)
  • カナダの滞在先住所・連絡先(ホームステイ手配書)
  • 海外保険証(控えでも可、再添付しています)
  • 現金やクレジットカードなど
  • 初期費用(カナダドル現金)
  • 筆記用具
  • 使い捨てコンタクトレンズ、メガネ
  • ノートパソコンまたはタブレットPC
  • 電子辞書、電子辞書のかえ電池数本
  • デジタルカメラ

機内であると便利な物

  • 和英・英和辞書(携帯のアプリでも可)
  • 歯ブラシ・歯磨き粉・・・機内で食事の後などリフレッシュされたい場合
  • 本などちょっとした時間つぶしに使える物

機内預入手荷物(スーツケース等)

  • スーツケース(1~2個)
  • ボストンバッグ(スーツケース1個の場合)
  • 普段使いのバッグ、もしくはバックパック(テキストなどが入る大きめのもの。機内持ち込み用にしてもOK)
  • 小さいお出かけ用バッグ
  • USBメモリ、SDカードなど記録媒体
  • 電卓(日本の携帯アプリでも可)
  • 目覚まし時計(日本の携帯アプリでも可)
  • ドライヤー(※$15程度でカナダでも購入可能)
  • メガネ、最低限のコンタクトレンズとケア用品
  • 折りたたみ傘またはレインコートの代わりになる撥水ジャケット
  • 下着類/靴下(洗濯は週1回なので最低7セット、1週間分以上あるほうがよい)
  • 肌着
  • パーティ用ワンピース(安物でもいいので、1枚あるとクラブなどに着て行けます)
  • 少しきちんとした格好(学校の卒業式・クリスマスなどで着用)
  • 水着(意外に使用することが多いので注意)
  • コート、ダウンジャケットなど(冬)
  • 筆記用具(日本のものが最高品質です)
  • 歯ブラシ(歯ブラシはヘッドが小さい物はありませんので、小さいヘッドの物は多めに準備してください)
  • 爪切り、耳かきなど衛生用品
  • かゆみどめ、その他簡単な治療セット、医薬品など
  • 日焼けどめ(カナダの紫外線は日本の7倍)
  • 生理用品(さしあたって最低限必要な量)
  • お化粧品、シャンプー等(さしあたって必要な量、肌の弱い方は多めに)

あると便利なもの

  • 洗濯ネット(カナダの洗濯機はパワーが強く衣類が傷みやすい)
  • 下着干し(洗濯バサミのついた円形とか四角のもの。100均ので十分)
  • 防水(撥水)アウトドア用ジャケット
  • フリースジャケット
  • ヒートテックなどの防寒インナー
  • ビーチサンダル(お風呂場やビーチで使用)
  • 湯たんぽ(寒がりの方)
  • 裁縫セット
  • 家族や友達の写真
  • 英語の参考書(オフィスでも貸出可能)
  • 日本を紹介する本、料理本など

ファームステイ(農業ボランティア)をしたい方

  • 作業用手袋(カナダのはとても高い。ガーデニングなどされる場合にも)
  • 作業用帽子(日よけのちゃんとあるもの)
  • 爪ブラシ

持ち物についてのよくある質問や注意点

パソコンや携帯電話、電子機器は日本で購入したものが使えますか?
パソコンや電子機器は、最近はほとんどのものが海外使用でも問題ないようですが、念のためカナダでの使用に適しているかどうかを購入店で確認してください。余裕があれば保証書やリカバリディスクも持参するようにしましょう。
また、精密機器は基本的に機内持ち込み手荷物に入れたほうが無難です。(機内預入手荷物は乱暴に扱われます。スーツケース内でも衣類などでしっかりクッションを作れば大丈夫ですが、破損の場合の責任はとってくれません)
どんな服装を用意したらいいですか?
服装に関しては、カナダはかなりカジュアルで、冬も夏に来ているものに何かを重ねるという印象です。
重ね着ができるような服装をご準備されておかれることをお勧めします。
また真夏でも比較的涼しく、薄手の長袖を重宝する場合が多いので、完全な半袖よりは、薄手の長袖を重点的に準備されるとよいかもしれません。
冬は、ビクトリアに限ればそれほど寒くはなりませんので、日本で普段来ているような冬服で十分です。
時期的にあまり必要ないと思われる物は、予め船便で送付されておいてもよいかもしれません。
目が悪いのですが、予備のコンタクトやメガネは持っていったほうがいいですか?
到着後購入を検討される方が多いものにメガネがあります。
カナダは室内の電飾が日本に比べて大分暗めです。少し見えにくいと出発前に思われている方や、普段コンタクトを使用されている方は、日本でメガネを作ってきてください。
カナダでは度の入ったメガネがかなり高い上、西洋人向けのデザインが多いので、中々気に入ったものが購入できません。
メガネは日本の方がかなり安価に合うものを作成できます。もしメガネをご利用の場合には、日本からお持ち下さい。
夏季はサングラスも利用する機会も多いので、日本から準備されることをお勧めします。

反対にコンタクトは特別なものでない限り、ワンデーアキュビューなど、日本と同じものがソリューション(ケア用品)も含めて同じくらいの値段で購入できます。インターネットで通販可能ですので、どの度数(S/c)のものを購入すればよいかを調べてきておいて下さい。

ホームステイ先には何が用意されていますか?
シェア以外の滞在、ホームステイやファームステイでは、基本的には消耗品以外のすべてのものは用意されているはずです。
ベッドシーツ等リネン類はもちろん、ブランケットやかけ布団、バスタオル、フェイスタオル等も準備されています。(なくても、これらは比較的安価に買えます)

個人的に使用するもの(シャンプー類やボディソープ、化粧品等)、
なくなるもの(化粧おとしのコットンやティッシュペーパーなど)は持参するか現地でご購入ください。

生理用品・ティッシュやコットンなどはかさばりますので現地で購入されるほうがよいでしょう。
品質はやはり日本のものが世界一なのでどうしても劣ると感じられるかもしれませんが不便というほどではありません。ただ紙製品は日本より高く感じられるようです。

変圧器や変換プラグは必要ですか?
日本の電圧が100vなのに対し、カナダの電圧は110vとなっております。
コンセントの形状は同じものが使用できますので、問題ありません。
日本製の髭剃りやドライヤーなど、やや風力が異なるような気がすることもありますが、基本的にそのままご利用になることが可能です。
デジタルカメラの充電器などは、最近のものであれば100以上の電圧にも対応しているものがほとんどですので、一度お持ちのカメラもチェックしてみてくださいね。

パソコンなどの精密機器は注意が必要ですが、アダプターが100v以上の電圧対応であれば大丈夫のようです。が、100vのみ対応の場合は、変圧器使用がお勧めです。こちらも今一度パソコンの電圧をあわせてチェックしてみてください。

変圧器をご利用になる方とならない方と半々くらいですが、空港などでも3000~8000円で購入可能ですので、保険の意味で持参されてもいいかもしれませんね。

スーツケースが早めに準備できたら、空港へ先に荷物を送っておくのも賢い方法です。さまざまな宅配業者が「空港お届けサービス」を提供していますので、期限等を確認しておきましょう。
スーツケースにおさまりきらないくらいに多いようであれば、カナダ宛に先に船便で郵送していただいても構いません。

URL
TBURL
Return Top