ビクトリアの語学学校

GEOS Languages Plus|Victoria

ジオス ラングエッジプラス ビクトリア

  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image

北米GEOSカナダに6校、アメリカに6校というネットワークを持ち、キャリアも豊富な講師がそろっています。 母体は大きいですが、ビクトリア校はどちらかというと小規模でアットホームなのが特徴。夏になると高校生の団体などが来て、大変にぎやかになります。
授業は会話を重視した内容で、厳しい英語オンリールールと実績のあるカリキュラムで常にプログラムには高い評判があります。 基本となるESLに好きなプログラムを追加する形で、オリジナルのレッスン構成が可能です。
授業料も比較的安く、割引を行っていることも多いので、ワーホリの方に人気があります。

ビクトリア校の特徴として、スタッフの対応のよさも挙げられます。長年経験のある日本人スタッフや日本語の堪能なスタッフがそろっており、スタッフが毎週1回ひとりひとりとカウンセリングを行い、授業の内容、伸び具合、これからの勉強計画、その他の悩みなど相談に乗ってくれます。
個人個人のゴールを設定しそれに向けてスタッフ・教師・生徒が一緒になって取り組んでいくのがこの学校の特徴です。
ワーキングホリデーの方には地元カナディアン企業での仕事探しのお手伝いや、多様なボランティアの紹介もあります。 北米GEOSネットワークを活かし、他の残っている期間を別の都市にあるキャンパスで受講することも可能です。

さらに詳しい学校情報やコース・料金についての詳細はメールにてお知らせします!
学校の良い点だけでなく、デメリットもあわせて検討できる、納得情報が満載です。ぜひお問合せください。
  • コース詳細
  • 料金詳細
  • 基本情報
  • 体験談
Comprehensive English Program(CEP)
集中英語コースは、コミュニケーションの基礎となるスピーキングとリスニングスキルの伸張に重点を置いています。 学校独自のカリキュラムに基づき、ESLではスピーキング&リスニング、リーディング&ライティング、文法、語彙&イディオムの すべての分野を総合的に伸ばす授業が展開されます。
午前中は、リーディング、ライティング、スピーキング、リスニングの4技能を学びます。 新しい文法は会話や実生活に基づいたやりとりの中で習得していきます。 また、リスニングタスク、ロールプレイ、ディスカッションなど、英会話の練習をするために様々な活動も行います。 実用的なリーディングとライティングも行われます。
午後のセッションではいくつかの選択科目からレベルにあわせて受講できます。TOEFLやTOEIC対策などのほか、 文法・発音・ライティングなどの弱点を強化するプログラムもあります。

インテンシブ(週30レッスン)が通常ですが、パートタイム(週10レッスン)からスタンダード(週20レッスン)、スーパーインテンシブ(週40レッスン)などでも通学でき、幅広い時間帯で希望の勉強をすることができます。
One to One
プライベートレッスンです。週5日、一日2コマのペースで先生がつきっきりでレッスンしてくれます。

ここをタップして表示Close
項目 詳細 料金
CEPインテンシブ(週30時間) 4週間 $1400
入学金 初回のみ $150
教材費 テキスト等は通学後に購入指示あり
備考:パートタイム及びインテンシブコース・掲載期間以外の授業料・必要経費等は別途お問合せください。
※時期によっては授業料の割引キャンペーンが適用される場合もあります。
※授業料は毎年改定されます。上記は2015年のものです。

基本情報

エリア ビクトリアダウンタウン
他キャンパス Vancouver, Calgary, Toronto, Ottawa, Montreal
住所 #225-1207 Douglas Street Victoria BC V8W2E7
電話番号 250-382-1196
URL http://www.geosvictoria.com/home.htm
受講可能コース ESL・Study&Work Program・TEC・TESL(認定コース)・High School Preparation Program
加盟団体 TESL CANADA, CAPLS, CEC

詳細情報

創設年 1997年
日本人スタッフ いる
2015年入校日 初めて入校する方は指定の入校日があります。継続生は週ごとのカリキュラム。2014年の開始日
January: 6; February: 3; March: 3 + March: 31; April: 14 + 28; May: 26; June: 23; July: 7 + July: 21; August: 4 + August: 18; September: 15; October: 13; November: 10; December: 8; January: 5; February: 2; March: 2 + March: 30
学校の規模 中規模(平均85-180人)
学校設備 パソコン、オーブン、自動販売機、ウオータークーラー、テレビ、DVD、個室勉強部屋、Wifi、生徒用パソコン9台
レベル数 6レベル
1クラスの人数 平均:8人/最大:14人
授業時間 ※週20レッスンの場合
9:00- 10:30  Integrated Skills(読み書き・リスニング・スピーキング)
10:45-12:15  Active Listening & Discussion skills(会話・ディスカッション・プレゼン・語彙)
12:15-1:00   お昼休憩
1:00- 2:30 Elective(選択クラス:発音・文法・テスト対策等)
国籍割合 日本20%、韓国30%、アジア諸国10%、アラブ15%、中南米15%、ヨーロッパ10%、カナダ1%(←※TESLコース)
Tomomiさんの体験談(2012)
4週間の子供向け英語教授法を勉強しました。
このプログラムは最初とても難しいと感じましたが、先生がとてもよかったし、クラスの人もとてもいい人たちだったので、楽しく頑張れました。 クラスは7人で、日本人と韓国人を中心としたクラスでした。 フィールドワークで実際に教材の材料を売っている店に行ったり、図書館に行って絵本の読み聞かせのクラスに参加したり、 あとはパペットやカレンダーを作ったりして、自分で教材を作る過程も楽しかったです。 歌を歌ったり、実際に絵本を読み聞かせたりもして、とてもいい勉強ができました。
Mamiさんの体験談(2012)
GEOSに決めた理由は、日本人が少なめという所と、サポート力がいいと聞いたので。 学校の雰囲気はがっつり勉強する感じですね。今は韓国人がとっても多いです! 1クラス8人位で、そのうち80%くらい韓国人です。先生たちはフレンドリーで、皆のことちゃんと均等にみてるって感じです。
Aiさんの体験談(2011)
先生は良かったと思います・・・ちょっとバラつきはありましたが。 2ヶ月目の先生だけ新しい先生で、アジア人に英語を全く教えたことがない日とで、説明も出来ないし、授業中に何をすればいいのか分からず、 結局生徒間の評価が悪くてチェンジになりました。
宿題は割りと出る方でした。予習みたいな感じで1ページとかでしたが、 それより月1回のプレゼンの準備の方が大変でした!よく夜遅くまで準備してました。
Akariさんの体験談(2011)
先生は概ねいい先生で、宿題は多くはなかったです。 土日の宿題で、ニュース の記事をサマリーにして、更にそれに関してクイズを3つ考えてくる、っていうのはすごく大変でしたけど…
教室の作りがあまり好きでなかったです。小さいし、夏の人が多い時期とかたまにラウンジとかで授業とかありました。
Coopビザを取得したので、GEOSの後はフジヤ(日本食材屋)で働きました。 スタッフは皆親切で日本語だし、シフトもちゃんと2週間前まで決まってて1日8時間入れました。 レジなら英語使えますけど、それ以外だと英語を使うことはあまりありませんでした。

URL
TBURL
Return Top