お問い合わせ

よくあるご質問

ライトハウスのサービス・カナダでの留学についてのよくあるご質問をまとめました。サイトに掲載されている以外に不安や疑問に思うこと、ご質問があれば、こちらからお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

学校への申請手続きなどについて

学校への申し込みは事前にしなければいけませんか?
Answer
ワーキングホリデーや6ヵ月以内での滞在を予定されている方は、特に期限はありません。到着後にトライアルレッスンをうけてから決めることもできます。
ただ、ESL以外の特別なプログラムやビクトリア大学付属ESLについては、開始日の設定や人数の制限がある為、確実にコースを予約する為にも早めの申し込みが確実です。

6ヵ月以上の通学を予定していてビザの申請が必要な場合、学校の決定・申し込みは出発の半年から3ヶ月前には終わらせたほうがよいでしょう。
時間のない方もご相談にのりますので、まずはお問い合わせください。

留学の最短期間を教えてください。
Answer
最も短い期間だと、1週間からの学校申し込みが可能です。
授業料や滞在費など、多額のお金を支払わなければいけないので心配です。
Answer
学校の諸費用(入学金・授業料等)は弊社を介さず、直接学校に送金していただけるシステムも採用しています。(ただし送金と確認に時間がかかる場合があります) 詳しくはこちらをご覧ください。
また、ホームステイの月額滞在費もホストファミリーに直接お支払いいただいております。 何十万ものお金をエージェントに預けることなく、お客様ご自身で管理していただけますので、安心してご利用いただけます。
ここに掲載されていない語学学校やプログラムに興味があるのですが。
Answer
このサイトに掲載されていない学校やカレッジ等に興味がある場合もお気軽にお問い合わせください。 弊社では掲載校以外にも多数の語学学校と契約していますが、すべてをホームページでお知らせしているわけではありません。 また、現在契約のない学校でも仲介はもちろん可能です。(一部公立大学等は、別途手数料をいただくケースがあります。)
またプログラムに関しても、スペースの都合上すべて掲載できておりません。 「●●のプログラムに興味がある」といったことはお気軽にお知らせください。詳細をメールでご案内いたします。

お問い合わせはこちら

どうやって申し込みをするのですか?
Answer
まずはライトハウス留学センターまで興味のある語学学校やプログラムをお知らせください。その後、こちらの申し込み方法に従ってお申し込みください。
いつまでに申し込めばいいのですか?
Answer
お申し込みが完了するまでには、内容確認~書類の発行・支払い手続きまで、最短でも1週間程度かかります。
就学ビザ等が必要な場合は、渡航前にビザ申請も必要となりますので、余裕を持ってお申し込みください。

【目安】就学ビザが必要ない場合:遅くともコース開始日の3~4週間前まで(もしくは、到着後でも可能)
就学ビザが必要な場合(6ヶ月以上の通学・滞在を希望する場合):遅くともコース開始日の8~10週間前まで。 ※コース開始日がせまっている場合は、ご希望の渡航日までにビザが届かない場合もございますので、あらかじめご了承ください。

渡航手続きについて

航空券を取るよい方法があれば教えてください。
Answer
航空券は季節によって値段もかなり違います。
夏場は観光シーズンの為、値段がグッと上がり11月頃からまた下がります。
インターネットで購入する方法もありますが、やはり旅行会社を通して購入するのが何かあったときクレームできるので安心です。
旅行会社を通して購入する場合、国内線乗り継ぎを1万円でつけることができます。JALやAIR CANADAのホームページで値段や予約状況の確認ができるので参考にするとよいでしょう。
学校開始のとのくらい前に到着すればよいですか。
Answer
これは人によってかなり差がありますが、学校開始1週間~3日前を目安にされたらよいかと思います。
人によっては学校開始日の前日に到着、という場合もありますが本人が元気であれば問題ありません。またしばらくゆっくりしたいということで2週間前に到着、というのも可能です。
学生ビザは6ヶ月以下の留学でも必要ですか?
Answer
学生ビザの申請は、基本的に6ヶ月以上の留学をする場合取得しなければなりません。
6ヶ月以下の留学の場合、ビザなし(パスポートのみ)でも学校に行くことが可能です。ただし、6ヶ月以下の留学でも現地で延長の予定がある場合は学生ビザの申請が必要です。
詳しくは「ビザの申請について」をご覧ください。
空港での入国審査やビザの手続き、バンクーバーからの乗り継ぎが心配です。
Answer
留学へのステップのページで、入国審査、ビザの手続き、バンクーバー空港での乗り継ぎについて詳しくご案内しています。 こちらのページをご参照ください。

現地での滞在・生活について

お金を持っていく一番よい方法は?
Answer
短期の滞在の場合はカナダに口座を持つ必要もないので、当座の現金とトラベラーズチェック(TC)を準備するのがよいでしょう。
またワーキングホリデーを取得してカナダで働く可能性がある場合や長期滞在で大金を移動する方はカナダで銀行口座を開いて銀行送金するのがよいでしょう。
ライトハウス留学センターでは銀行開設のお手伝いもしておりますので、ご利用ください。
ホームステイ先で必要なもの・不必要なものを教えてください。
Answer
ホームステイでは個人的な消耗品は各自で用意する必要があります。シャンプー・石鹸などは消耗品です。
タオルやシーツ、お弁当箱やお弁当の袋はファミリーが準備してくれますので心配いりません。
その他、ご心配なことがあればカウンセリングでお尋ねください。
ホストファミリーへのお土産はどんなものが喜ばれるでしょうか。
Answer
基本的に高価なお土産を準備する必要はありません。どうしてもと思われる方は、家族分のおはしセット、 家族分の日本風なプレスマット(食事の時に下にひくもの)、日本製のペン、その他自分で家族に作ってあげられる食品(カレーのルーやお好み焼き粉)などがよいアイデアだと思います。
日本から持ってくると便利なものを教えてください。
Answer
基本的な薬各種はいうまでもありませんが、日本の歴史や文化を紹介しているような本、自分の家や家族・友達・風景などの写真、日本の免許(いざという時にカナダの免許に交換できます)、ココアなどお茶以外の日本の飲み物(時々恋しくなります)、つめきり、I字の剃刀、もしあれば携帯型目覚まし時計など。
詳しくはカウンセリングでもご案内しています。
自分のパソコンや携帯をカナダで使用する場合、カナダで問題なく使用できますか?また、特に必要なものがありますか?
Answer
最近のパソコンや携帯の充電器には電源にアダプタのついているものがほとんどです。
このアダプタが110V(ボルト)に対応していればカナダでも問題なく使用できるはずですが、精密機械ということで長期間の滞在で長い期間の使用をした場合、故障したという話もたまに聞きます。
ただ最近はほとんどの方がタブレットやスマートフォンなどを日常的に使用しておられますし、基本的に問題はありません。
ご心配な場合は海外保障がついているか確認の上、保証書とレシートなどのコピーを持ってきておくと故障のときにも安心です。

また、携帯やスマートフォンの海外利用はまだまだ高いのが現状です。通話はせずにWifiでのインターネットのみ利用するか、カナダでどうしても携帯電話が必要になれば、カナダの携帯電話サービスと契約することが可能ですのでそれほど心配される必要はないでしょう。

変圧器は必要ですか?プラグの形は?
Answer
日本の電圧が100vなのに対し、カナダの電圧は110vとなっております。
(コンセントの形状も同じものが使用できますので、こちらも問題ありません。)
日本製の髭剃りやドライヤーなど、やや風力が異なるような気がすることもありますが、基本的にそのままご利用になることが可能です。
デジタルカメラの充電器などは、最近のものであれば100以上の電圧にも対応しているものがほとんどですので、一度お持ちのカメラもチェックしてみてくださいね。
パソコンなどの精密機器は注意が必要ですが、アダプターが100v以上の電圧対応であれば大丈夫のようです。が、100vのみ対応の場合は、変圧器使用がお勧めです。
こちらも今一度パソコンの電圧をあわせてチェックされてみてください。

変圧器をご利用になる方とならない方と半々くらいですが、空港などでも3000~8000円で購入可能ですので、保険の意味で持参されてもいいかもしれませんね。

また、プラグ(コンセント)の形状は日本のものと同じですので、アダプターは必要ありません。

Return Top