灯台通信 

ライトハウス留学センタースタッフブログ。カナダ・ビクトリアからの留学情報や留学体験談をお届けします

Pierre and Takako by Satya

ピエールさんの無料トライアルレッスン開催

| 0 comments

ピエ―ルさんの英語教室トライアルレッスンを5月9日木曜日の午後5時から行います。
1回のトライアルにつき、3人限定となります。

この時間にオフィスに来ることができる方であれば、どなたでも参加可能です。ご興味のある方は、ぜひ弊社までご連絡ください。

日本で25年間以上英語を教えたベテランのESL講師であるピエールさんが、自宅から教えるユニークな英会話学校です。

Pierre and Takako by Satya

語学留学・ワーキングホリデーで滞在中、ビクトリアに滞在中の日本人、また出発前や帰国後も英語の勉強を継続したい方が対象で、 日本人が間違いやすいツボを熟知した「話す」「聞く」の実践力を重視したクラス作りに重点を置き、 日本語を母国語にする人に独特の文法的な間違いや発音の癖を修正します。

映画やコンピューターからの画像を多く用いたビジュアルな教材で、タイムリーで生きた授業内容を提供しているので、 他のESLスクールのようなカリキュラムや教科書はなく、形に縛られない自然で自由な会話の流れを実現することが可能です。

イングリッシュオンリーポリシーはなく、 初級クラスでは文法や単語の説明などの必要に応じて日本語を用いることで、効率よく授業が進められます。 むやみに英語漬けにしても、空回りが多くては、時間の無駄にもなってしまいます。 上級クラスでは、最低限の補足としてのみ日本語が使用されます。初級の方には貴子さんと一緒に基礎となる文法を徹底的に勉強します。

他の語学学校に通っても満足できなかった方、クラス学習での悩みがあった方でも「ここなら!」という生徒さんが非常に多く、 ピエールさんの温かい人柄とともにとても人気のあるスカイプでの英会話学校となっています。

回数券制なので自分の都合にあわせて毎日でも時々でも勉強時間を選ぶこともでき、他の語学学校やアルバイトと組み合わせての勉強もお勧めです。

Family pict taken by Satya

ピエールさんの英語教授法の特徴
Long Answer Method
・特に初級の段階では、完全なセンテンスを肯定文、否定文、疑問文でリピートすることが大変重要になります。たとえば、 “When was the last time you went to London?”の質問に対する正解を、 “Two years ago”ではなく、 “The last time I went to London was two years ago”とするのが、 Long Answer Methodです。こうした繰り返しが、自然に長い文を正確に作る会話力を養います。
・様々な状況下での英会話に親しめるように、タイムリーで生きた授業内容を提供しています。カリキュラムと教科書に縛られない自然で自由な会話の流れを作り出します。

ビクトリアで高校に通う生徒さんやIELTS、TOEIC、TOEFL受験の対策としても、スクリーンを共有しながらエッセーの個人添削、レベルに応じたテキストを丁寧に読み込んでいく長文読解の作業など、グループレッスンでは実現できなかった細かい個人指導が可能になりました。

是非無料トライアルレッスンでお試しください。

Bhishma and Ganga - Arunachala-1-cropped

コメントを残す

Required fields are marked *.