灯台通信 

ライトハウス留学センタースタッフブログ。カナダ・ビクトリアからの留学情報や留学体験談をお届けします

ワーホリさん必見★気になるBC州の最低賃金

クリスマスから年末年始とゆっくりしていたら、あっという間に2019年も2週間以上過ぎてしまいました!!
・・・今更ですが、新年もどうぞよろしくお願い致します<(_ _)>

さて、2019年第一回目のブログは・・・カナダで就労したい方(ワーキングホリデービザなど)が一番気になる「時給」について、です!

カナダも州によって最低賃金は異なるのですが、今回は弊社オフィスがあるBC州の賃金についてご案内致します。

一口に最低賃金といっても、これまた職種によっても変ってくるんですが、今回はワーホリさんが通常就労される、「ジェネラル」と「サーバー」の2つについて^^

●ジェネラル

いわゆる一般職で、例えばショップの店員さん、レストランの厨房、オフィス業務、ファストフードの店員さんなど、多くの仕事がこれに当てはまります。

2019年1月現在の最低賃金は時給が$12.65ですが、これが毎年すこしづつ上がる事になっているんですね~!

2019年の6月1日からは時給が$13.85

2020年の6月1日からは時給が$14.60

2021年の6月1日からは時給が$15.20

となる予定です。現在から3年の間に、なんと最低賃金が一時間で$2.55も上がるって凄いですよね!雇用側は悲鳴&働く側は嬉しい悲鳴、ですよね・・・

どの位一ヶ月でお給料に差が出るかというと、例えば週35時間働いていれば、単純計算で約350ドル程一ヶ月の給料に差がでるということです。

●サーバー

こちらはレストランやバー、パブなどでお酒をサーブしたりお客さんからチップが貰える職種で、いわゆるウェイトレス&ウェイターさんです。こちらは現在最低賃金が時給11.40ですが、以下のように賃金アップしていきます^^

2019年の6月1日からは時給が$12.70

2020年の6月1日からは時給が$13.95

2021年の6月1日からは時給が$15.20

サーバーさんはチップが貰えるからか、ずっと一般職より最低賃金が低かったのですが、これから3年の間にがんがん上がる予定で、2021年にはジェネラルの最低賃金と全く同じになるようですね!プラスでチップが入るので、サーバーさんは職種的に完全に狙うべきポジションですね(笑)!

ちなみにレストランやフード関係でお仕事される場合は、「Foodsafe」(通常はレベル1でOK)という資格、お酒をサーブする場合は「Serving It Right」という資格が必要で、渡航されてから多くのワーホリさんはこの資格を取得されています^^ どちらも試験は有料ですがテスト自体はそれほど難しくはないのでご安心下さいね!

また、こちらではお給料が2週に一度貰えるところが多く、個人経営のレストランなどはお給料のお支払いは小切手のところも多いです。大きいチェーン店などは自動振り込みなので、どちらにしても必ず銀行口座は現地で必要になります。

ぜひ皆さんカナダ留学中にがっつり稼いで、日本から行くと旅費が高いけどカナダからなら安い所へ(メキシコとか^^)遊びに行くなど、プラスαで留学を楽しんでくださいね。

Yuko

 

Comments are closed.