灯台通信 

ライトハウス留学センタースタッフブログ。カナダ・ビクトリアからの留学情報や留学体験談をお届けします

broad st
broad st

日本から持ってくると便利なもの

| 0 comments

今日はカナダに長期間滞在するにあたり、カナダでは高額だったり入手しにくいものについて書いてみます。

1.本 最近はパソコンや携帯、タブレットで代用できるものも多いですが、インターネットの接続がなくても手に取って確認できる日本語の参考書やお気に入りの本が1冊はあるとよいと思います。今はカナダからアマゾンで注文することができますが、高額で時間もかかるのでおすすめではありません。

2.文房具 私の子供は日本に行くたびに日本の消しゴムを大量に買って帰ります。それ以外にもデザインもののシャーペンなども凝っているのに機能もすぐれているので、日本のものが好きなようです。凝ったデザインではないシンプルなペンでも、日本製のものはスムーズで書きやすいものが多いですよね。ノートも北米では意外に高額だったり、安いものは紙の質がよくなかったりしますので、書き留めるタイプの人はノートも何冊か準備した方がよいでしょう。クリアファイルも日本だと安く入手しやすいので、ある程度まとめて持って来た方がよいでしょう。

3.食品 最近はかなりのものが海外でも購入できるようになりましたが、やはり海外で購入するとなると高額です。かさばらない「粉末だし」や「かつおぶし」はいくつかだけでもあると、使う機会が出てくると思います。カナダで料理をする可能性がある場合には、お好み焼きソースやマヨネーズもスペースに余裕があれば1本ずつ準備しておくとすぐに使えます。しゃもじやてんぷら油を固める凝固剤、お茶パックもあると便利です。こちらの人は日本人というとお寿司を作ると思っている人が多いので、焼きのりも持ってきておくと、ホストに作ってあげたり、お友達と手巻きパーティをする時に使う機会があるかもしれません。

4.歯ブラシ・衛星関連品 こちらのものはヘッドが大きいものが多いです。最近は電動歯ブラシでヘッドの小さめのものも売られていますが、高額ですし、帰国時に持って帰らないかもしれないので、もったいないですよね。歯間ブラシなども使っている人は日本から持って来た方が種類が多く、価格も安いと思います。
フロスや歯磨き粉はこちらでもたくさん種類があって安価で購入できますが、子供がれいに歯磨きできているか確認できる歯磨きチェック?はこちらで見たことがないので、子供がいる人の(親への)お土産にされてもよいかもしれません。

追加:洗濯ネットもこちらの大型の洗濯機を使用するにあたり、いくつかあると服を傷めずに洗濯できるので、ぜひご準備くださいね。

5.下着・靴下 日本人のサイズにあうよいものがあまりない、日本製は布の繊維がしっかりしていて縫製がよい。ソックスは大体こちらのはサイズが大きく、長さもしっくりこない気がしますし、品もよくないです。

6.メガネ 視力の悪い人は絶対に外せないアイテムです。日本のように気軽に安価で眼鏡を購入することができないうえ、顔のほりの深さが違うのでよいフレームがあまりありません。ただしコンタクトは購入可能です。

7.気の利いたキーホルダー ステイ先の鍵をつけたりと使用機会がある上、なかなかかわいいキーホルダーを売っていません。日本の方が見つけやすいと思うので、いくつか持ってきておくとよいと思います。

8.のど飴 こちらののど飴はおいしくないものが多い上、値段も高い。体調が悪い時に日本ののど飴で和めるので、おすすめです。

以上、私の思いついたものを書き留めてみましたが、他に何かアイデアがあればぜひ教えてください☆彡

コメントを残す

Required fields are marked *.