灯台通信 

ライトハウス留学センタースタッフブログ。カナダ・ビクトリアからの留学情報や留学体験談をお届けします

lighthouse
lighthouse

カナダで体調を崩したら

楽しみに準備を進めてやってきたカナダ!やっと到着して生活を開始、と思ったら思っていたより肌寒いし、時差ボケで疲れているし、食べ物は日本と全然違う・・・と感じているうちに体調を崩してしまう人は多いものです。
時差ボケはなくて体調は上場、と思っていても流行っている風邪の種類が違ったりして、風邪をひいてしまう時もあります。
今日はカナダで風邪をひいたり、ちょっと体調が悪い時の対処方法についてです。

カナダでちょっと体調を崩してしまった場合には、とりあえず水分をたくさんとってよく休む、それしかありません。何か食べられるようであれば消化によいものを食べて、体力が回復するのを待ちます。
カナダでは救急以外の診察は、ウォークインクリニックに行くようになり、それほどひどくない風邪などの場合には、30分以上待って診察は5分で終了、というようなケースもあり、薬も出されず、「水分をよくとって休むこと」とだけ言われて終わりになることもありますが、溶連菌や細菌感染など、抗生物質が必要な場合にはクリニックに行って診察してもらうことになります。
その際、麺棒で口の中をこするだけであれば、その場で採取して貰えますが、血液検査が必要な場合には、市内にあるラボに行って採血してもらうようになります。

契約している保険によって異なりますが、クリニックは先に自分で支払いをして後から保険会社に請求する場合と、クリニックが保険会社に直接決済をしてくれる場合があります。ラボについては基本的に先に自分で払って請求するようになります。
(BC州の健康保険に加入している場合には、支払いは不要です)

高熱が下がらない、動けないようなしんどさが続いている、息苦しい、など重篤な体調不良の場合には、クリニックではなく、病院のエマージェンシーに直行してください。ここでも保険によっては先に料金の支払いを求められることがあり、その料金は750ドル程度(7万円強)となりますのでご注意ください。

カナダで簡単に食べられるもののお勧めとしては、オレンジやヨーグルト、シリアル、現地の人が風邪をひいた時に食べることの多いチキンヌードルスープ(缶)などとなります。

ただ、外国で体調を崩すと思った以上に寂しくなったり、しんどくなったりするので、まずはうがいや手洗いをしっかりして、元気を保つように気をつけてくださいね。

Comments are closed.