灯台通信 

ライトハウス留学センタースタッフブログ。カナダ・ビクトリアからの留学情報や留学体験談をお届けします

saya&saki
saya&saki

GV&ビクトリア体験談~SayaさんとSakiさん編~

| 0 comments

今日はなんと弊社をご利用して下さった方が3人もご帰国されます・・・出会いがあれば別れがあるのは当然ですが、見慣れた笑顔にオフィスで会えなくなるのはやっぱり寂しいものですね。

さて、今日はそんな3人の方のうちのお2人のビクトリア&GV体験記をご紹介させて頂きたいと思います。

saya&sakiSakiさんとSayaさんです!

お名前: Sayaさん(写真右) 25歳

Sakiさん(写真左) 25歳

渡航時期: Sayaさん、Sakiさん共にワーホリビザで2017年2月から1年滞在

 

ライトハウス(以下LH): ビクトリアを選んだ理由など教えてください。

Sayaさん: 数年前にビクトリアに観光ビザで1ヵ月だけ滞在したことがあるんです。カナダの中でも一番温暖という点、ヨーロッパ風の街並みという点、あと人も優しいと聞いたので決めました。実際戻ってみて、やっぱり人が優しいなというのは実感しましたね。お子さん連れとか体が不自由な方がバスに乗ろうとすると、皆先に行かせてあげるし、街中でもあちこちで皆声かけてくれたりして本当に親切です。

Sakiさん: 私は結構特殊です(笑)!アメリカも視野に入れていたんですが、ワーホリ制度がなくて仕事が出来ないのでまずカナダにしました。日本の水族館で働いていたので、留学前に「カナダ・海洋生物・シャチ」でサーチしたら、BC州が出てきました。バンクーバー水族館見学やビクトリアでのホエールウォッチングを経験したかったので、どちらも行けるビクトリアに最終決めました。

LH: ライトハウスを選んだ理由は何ですか?

Sayaさん: 最初は色んなエージェントを見ていたんですが、ホームページが可愛い感じで、温かそうだなと思ってライトハウスにコンタクト取ってみました。実際利用してみて、スタッフも優しいですし、毎日オフィスに遊びに来たくなるような感じですね。ライトハウスのオフィスに来れば、友達が出来たり、色々な情報を聞けたりして、本当にありがたいです!

Sakiさん: 実はまず日本のエージェントをしらみつぶしに周ってみたんですが、調べていく内に仲介手数料がかかると知りました。その後何かのサイトで現地のエージェントなら仲介料がかからないと知り、ビクトリアにオフィスがあるということでライトハウスにしました。もう一つと迷ったですけど、現地にオフィスがあるライトハウスに最終決めました。

LH: 学校はどうですか?(お二人ともGV)

Sayaさん: 最後の先生が黒板との授業みたいな感じで、ちょっと正直イマイチでした。先生によってクラスの雰囲気とかは大分違いますよね。学校では友達が沢山できて遊びに行けたりもしたので、日常生活で英語を使うきっかけになりました。授業は最初のクラスはゲームとか多くて、話す機会があまりなかったので、スピーキングにもっと力をいれたかったですね。最初に来たときは英語で話すことにちょっと抵抗があったのですが、学校でなら間違っていても気にしない!という感じで、話すことに慣れるようになりました。

Sakiさん: GVは2ヵ月行きました。最初の一ヶ月はすごく濃くて、すごく緊張しましたね~(笑)。英語が話せないっていうのと、耳が英語に慣れてなくて、皆が何言ってるか解らない上に自分は喋れないし・・・日本人がいたので結構日本語使ってしまってました。でも宿題はまじめにやりましたよ!一年の滞在で、今でもつながっている友達はGVで出きた友達ですね。

LH: お仕事はどうでした?

Sayaさん: 日本食レストランとホテルとAirbnbの掃除の仕事をしていました。夏のレストランが忙しかった時にAirbnbも同時に働いていて、14連勤位になったときは大変でした!ホテルも大変でしたけど、チップも結構もらえたのでよかったと思います。でも体力仕事かなって思いました。レストランはレジュメを配り始めた初日に行って、運よくその日に面接になって実はすぐ採用されました。Airbnbは友達の紹介で、ホテルも一週間位で面接の連絡がきたので、お仕事はラッキーな事にあまり苦労せずに見つかりました。

Sakiさん: めっちゃ良かったです!仕事を見つけるのは職種を選ばなければ簡単です。ただ、もちろん全てが英語なので緊張しました。レジュメ配りは、まず一軒目に覚悟を決めて行ってからは次から次に配りました。初日は自分が行きたい・働きたいお店、二日目はホテルという感じでレジュメを配りました。コリアンレストランは日本ぽく厳しい感じでしたので、あんまりみっしり仕事したくない人には向かないですね。ホテルは日本人がおらず、英語しか通じないのでコミュニケーションとるのが大変でした。でも結局ホテルのスタッフにすごくお世話になりました。メキシカンの人が多くて、皆温かかったです。

LH:ホームステイはどうでした?

Sayaさん: すごく良くして頂いて、ご飯もお美味しかったし、家族のイベントにも招待してもらえて・・・家族の一員として扱ってもらえるのが嬉しかったです。

Sakiさん: 最高でした!ママがすごくおおらかな人で、話していても優しいし。まぁ正直に色々言うので、それでちょっと傷つく人はいるかもしれないです(笑)。でもフィリピンの移民の人で留学生の気持ちもわかってくれるし、ご飯も美味しいし、ほんと優しかったですね。最初は友達がいなかったので、その頃は毎日学校から家にまっすぐ帰って犬と遊んでました。

LH: Sayaさんは色々ヘアカラーも試されましたので、ちょっとここでご紹介!

まずは緑!sayagreen

そしてピンク!

sayapink綺麗に色が入ってます!日本ではなかなかできないこういうのも、留学中ならではですよね!

LH: 今回の留学は100点中どのくらいでした?

Sayaさん: 今回の留学は100点中80点ですね。不足分はもうちょっと勉強すれば色んな選択肢もできたし、色んな人にも話しかけれたと思いますのでその分ですね。でも英語抜きで、滞在だけでいったら100点満点でした(笑)。

Sakiさん: 100点中100点です!やりたいこと全部やったので。水族館関係のお仕事に携わることは出来なかったですが、ローカルファームでのボランティアもしたし、ナナイモにも行ったし・・・全部やりきったかと思います!

と、ご帰国直前にインタビューに答えて下さったSakiさんとSayaさんでした!ぜひまたビクトリアに遊びに来てくださいね!

Yuko

コメントを残す

Required fields are marked *.